FC2ブログ
インスタグラムの集客・分析をするシステム【follome】 小学生向けプログラミング【テックキッズスクール】
ココナラで似顔絵を描いてもらう

category: 軍事  1/14

海外 親愛なるF-14トムキャットを手放した米海軍

https://ja.wikipedia.org/wiki/F-14_(戦闘機)「親愛なるF-14トムキャットを手放した米海軍」キーポイント:海軍の現在の部隊には、トムキャットほど速く飛べる航空機はありません米国海軍は、30年以上の運用の後、2006年に尊敬すべきグラマンF-14トムキャットを退役させました。冷戦の終結と予算の減少により、海軍はトムキャットを維持する余裕がありませんでした。さらにはソビエトの脅威の終焉により、トムキャットの艦隊防衛...

海外 アメリカ海兵隊は「破壊者」LAV-25戦闘車が大好き

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ファイル:LAV-25_USMC_and_USAF_personnel_on_patrol.jpg海兵隊は「破壊者」LAV-25戦闘車が大好きアメリカ海兵隊の主要な装甲戦闘車両であるLAV-25は、中東向けの高機動攻撃部隊の開発への取り組みにその起源を持ちます。高速で軽装甲、そしてブッシュマスターチェーンガンで武装したLAVは、海兵隊の騎兵としての機能を果たし、他の友軍の前方を偵察し敵を探し出します。過去35年にわたり、パナマ...

海外 台湾の新しい国産戦闘機?ブルーマグパイ(カササギ)に出会う

http://alert5.com/2019/08/13/blue-magpie-scale-model-at-tadte/#more-77530「台湾の新しい国産戦闘機?ブルーマグパイ(カササギ)に出会う」キーポイント:特定の武器を輸入できないため、台北は独自の武器システムの構築を検討しています。台湾の最新の戦闘機を表現したスケールモデルが公開されています。台湾の漢翔航空工業 (AIDC)は、台北国際航空宇宙&国防工業展2019のためにブルーマグパイの模型を作成しました。台湾空軍...

海外 ロシアのSu-57がそれほど高価でなかったらゲームチェンジャーになっただろう

「ロシアのSu-57は、それほど高価でなかったらゲームチェンジャーになっただろう」ロシア国防省は、Su-57ステルス戦闘機のプロトタイプ4機で印象的なビデオ撮影を行いました。クレムリンのズヴェズダT.Vが2018年11月に撮影したビデオでは、双発の4機のSu-57が、撮影機のAn-12と編隊飛行をしています。2機のレーダー回避タイプが同時に着陸、1機のSu-57が水平きりもみのパフォーマンスをしています。着陸きりもみSu-57は美しい戦闘...

海外 なぜ日本は国産の次世代戦闘機「F-3」を必要とするのか?

なぜ日本は国産のF-3戦闘機を必要とするのか?2019年2月、日本は国産のステルス戦闘機開発を進める決定で注目を集めました。これはアメリカのF-35戦闘機を100機以上購入する決定と、2018年に日本のX-2ステルス技術実証機のテストが終了したことを受けてなされたものです。しかし、F-3は実際どのようなものになるのか?日本の防衛省によれば、F-3は日本の三菱F-2戦闘機と置き換えられる見込みです。 F-3は、日本のテクノロジーを加...

海外 米軍、めったに配備されない「忍者ミサイル」を使用

https://www.commondreams.org/news/2019/05/09/hellfire-missile-fing-swords-attached-it-pentagon-unveils-new-weapon米軍は、精度の高い刀身のようなブレードで目標を攻撃する、めったに配備されない「忍者」ミサイルを使用し、シリア北部でジハード指導者を殺害したと思われます。ヘルファイアミサイル、またはAGM-114R9Xには、巻き添え被害を最小限にとどめるために、弾頭の代わりに6枚の折り畳み式ブレードがセットされてい...

海外 ロシアのA-10ウォートホッグ?Su-25に出会う

Su-25 /フロッグフットhttps://en.wikipedia.org/wiki/Sukhoi_Su-25「ロシア専用のA-10ウォートホッグ?モスクワのSu-25に出会う」キーポイント:武器の選択とサブシステムは異なりますが、どちらの航空機も概ね似通っています。1980年代のアフガン戦争でのデビュー以来、チェチェンからグルジア、そしてシリアまで、Su-25はソ連またはロシアが関与する全ての紛争で運用されてきました。anonymousA-10と比較する画像はないのか?が...

海外 いずもの「空母改造案」画像がリークされる

「F-35C戦闘機と電磁式カタパルト:これが日本の新しい空母になるのでしょうか?」日本の2隻のいずも型「ヘリコプター駆逐艦」は、英国やロシアのようにスキージャンプ式のフライトデッキから艦載機を飛ばす小型空母へと改造されることになっています。しかし、いずもをニミッツ級やフォード級のようなカタパルトを備えた空母に改造するとしたらどうでしょう?軍事系ウェブサイトが、明らかにリークされたパワーポイントのスライド...

海外 ヨーロッパは、この第6世代戦闘機でF-35を時代遅れにするつもりです【FCAS】

【FCAS】「ヨーロッパは、この第6世代戦闘機でF-35を時代遅れにするつもりです」英国、フランス、スウェーデンなどの国々は、クレバーで革新的な設計の兵器を考案することができました。しかし兵器テクノロジーのこととなると、革新は軍の研究開発に莫大な財貨を投じることを厭わなかった米国とソ連/ロシアからもたらされました。しかしヨーロッパがアメリカやロシアに肩を並べる兵器の新世代は来るのでしょうか?夏に開催されたパ...

海外 デンマークには「F-35ステルス戦闘機」が足りません

「デンマークにはF-35ステルス戦闘機が足りません」デンマークの米国大使は、アメリカが設計したF-35ステルス戦闘機をさらに購入することを望んでいます。カーラ・サンズ大使の「アメリカ製」軍用機への支持は何も驚くことではありません。米国産業への利益はさておき、サンズは的を得ています。デンマークは戦闘機が少なすぎるのです。サンズは「北極圏でのNATOの航空機能力と監視能力は十分ではなく、デンマークは防衛と監視を強...

海外 フランスのルクレール戦車、UAEが最新技術で改良

https://www.washingtonpost.com/world/europe/no-tanks-at-frances-armistice-day-parade-sorry-president-trump/2018/10/24/a2c647de-d6e6-11e8-8384-bcc5492fef49_story.htmlペンタゴンには、アラブ首長国連邦は「リトルスパルタ」であるというフレーズがあります。これは退任する国防長官ジェームズ・マティスにより繰り返されてきたフレーズです。その理由は、首長国軍がイエメンの戦争で経験を積み、戦闘の試練に耐え、その...

海外 フランスには本当に空母が必要なのか?

シャルル・ド・ゴール&ラファール30機https://www.air-cosmos.com/article/30-rafale-bord-du-charles-de-gaulle-681「フランスには本当に空母が必要なのか?」フランスの最初の空母は戦間期に就役したが、フランス海軍は非常に長い間、海軍航空における国際水準で遅れを取ってきた。しかしそれは冷戦時代に終わりを告げ、今日フランスは米海軍を除けば世界最先端の空母を運用している。フランスはどのように海軍航空部隊を作った...

海外 ロシアのツングースカ自走対空システム「ステルスに」アップグレード

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2S6M1_Tunguska-M1_SAM-system_at_MAKS-2011_-_side.jpgロシアの恐るべき2S6M1ツングースカ対空システムは、ステルスにアップグレードされています。ロシースカヤ・ガゼータによれば、ツングースカは姿を見せることなくいつでもステルスモードで敵を「見て」破壊することが出来るという。anonymousウォルマートのおもちゃのように見えるanonymousパレードではカッコいいだろうね!anonymo...

海外 ベールを脱いだ「ドイツの」ステルス航空機

The LOUT demonstrator. (Image credit: Airbus)ドイツの軍事契約の下で、エアバスにより開発された低観測性のテストベッドUAV「LOUT」LOUTは戦闘機や爆撃機ではありません。これはステルス技術の研究を目的とした、4トンのダイヤモンド型のドローンです。anonymous無人航空機は未来がある場所だ。パイロットを危険に晒すことなくコストを大幅に削減するanonymousドイツのステルス技術がヨーロッパを制圧するぞ! anonymous 中...

海外 なんだか見たことがある中国のJ-11戦闘機

瀋陽のJ-11は、ロシアの優れたマルチロール戦闘機Su-27「フランカー」の中国コピーである。実際に最初は認可されたコピーだったが、現地での生産技術を適応させる中国の野望は、ロシア産業にとって頭痛の種となった。anonymous中国製の全ての物は何かのコピーだよanonymousマッハ3で逆さまになって飛んでるトムクルーズかな?anonymousサム・ティン・ウォンとウィ・トゥ・ローによってテスト飛行済みですアシアナ機パイロット「実...